国宝模写 菊一文字之大鎧

菊一文字之大鎧 五分の四(奉納型) 生産終了

国宝模写 菊一文字之大鎧

菊一文字之大鎧 三分の一

国宝模写 菊一文字之大鎧

菊一文字之大鎧 五分の一

国宝模写 菊一文字之兜

菊一文字之兜(櫃無し飾り) 30号

国宝模写 菊一文字之兜

菊一文字之兜 15号

国宝模写 菊一文字之兜

菊一文字之兜 10号

国宝模写 菊一文字之兜

菊一文字之兜後ろ

ほんじたてきくいちもんじのおおよろい

品名:本仕立菊一文字之大鎧

号数:五分之四(奉納型)生産終了、三分之一、五分之一


きくいちもんじのかぶと

品名:菊一文字之兜

号数:30号、15号、12号

鈴甲子雄山により、櫛引八幡宮(青森県)所蔵の国宝・赤絲威鎧(籬菊金物飾)兜・大袖付を出来る限り忠実に再現しました。

国宝に指定されている櫛引八幡宮(青森県)所蔵の赤絲威鎧(籬菊金物飾)兜・大袖付は、第七十八代 長慶天皇より拝領されたと伝えられる大変高貴な鎧です。 余すところなく装飾された籬菊金物は精緻を極め、技法は竣功であり、そのデザインから「菊一文字の鎧」とも呼ばれています。

小札・威毛・仕立などすべて春日大社所蔵の国宝・赤絲威鎧(竹虎雀飾)兜・大袖付と同様で、鎌倉時代末期の方式になる典型的な鎧といわれています。 兜は四方白で、地板には枝菊を透かし高彫りとし、天辺の座まで彫金物としています。 金具廻り・菱縫板・吹返しは、すべて枝菊の透かし高彫りで覆ってあり、鍬形台には枝菊に一文字が彫り入れられています。 左右の大袖には、架籬と枝菊に一文字の金物を打ち、これらの彫金物は赤糸の威毛と共に豪華さを表しています。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。 雄山作「国宝模写・本仕立菊一文字之大鎧、菊一文字之兜」は職人による匠の技を遺憾なく発揮した逸品です。

< サイズ > ※測り方により多少異なる場合がございます。
品名 奥行 高さ
菊一文字之大鎧 4/5(奉納型) 65cm 51cm 125cm
菊一文字之大鎧 1/3 45cm 37cm 91cm
菊一文字之大鎧 1/5 29cm 24cm 49cm
菊一文字之兜 30号(櫃なし) 48cm 42cm 40cm
菊一文字之兜 15号 39cm 31cm 51cm
菊一文字之兜 12号 34cm 28cm 42cm