豊臣秀吉公兜 十号

豊臣秀吉公兜 十号

豊臣秀吉公兜 十号

豊臣秀吉公兜 十号

とよとみひでよしこうかぶと

品名:豊臣秀吉公兜

号数:十号

仕様:馬藺後立牛皮小札之兜(ばりんうしろだてぎゅうがわこざねのかぶと)


豊臣秀吉は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。百姓に生まれながら、織田信長に仕え、天下統一をした。

豊臣秀吉の馬藺後立付兜は、鉢は一の谷形で、馬藺(菖蒲の一種)の葉をかたどった薄板を後立に挿してあるのが特徴的で、秀吉の兜のなかでも特に有名な兜です。 また、この兜は戦国時代を代表するか変わり兜の一つとされています。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、大阪城天守閣所蔵(複製品)、馬藺後立付兜(ばりんうしろだてつきかぶと)を出来る限り忠実に再現しました。

< サイズ > ※測り方により多少異なる場合がございます。
品名 奥行 高さ
豊臣秀吉公兜 10号 30cm 25cm 58cm