黒田長政公具足 十号

黒田長政公具足 十号 生産終了

黒田長政公兜 三分之一

黒田長政公兜 三分之一 生産終了

くろだながまさこうぐそく

品名:黒田長政公具足

号数:十号 生産終了

仕様:牛皮小札黒糸威具足(ぎゅうがわこざねくろいとおどしのぐそく)


くろだながまさこうかぶと

品名:黒田長政公兜

号数:三分之一 生産終了

仕様:大水牛桃形鉢兜(だいすいぎゅうももなりばちかぶと)


黒田長政は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。

黒田長政公の甲冑は、二枚の鉄板を打ち出して作られた桃形鉢兜(ももなりばちかぶと)、両脇に金箔押の大水牛の脇立、正面には日輪の前立てを添えてあるのが特徴的で、黒と金のコントラストが美しい一頭です。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、福岡市博物館所蔵、黒田長政の所用と伝えられる重要文化財・黒漆塗桃形大水牛脇立兜(くろうるしぬりももなりだいすいぎゅうわきだてかぶと)を出来る限り忠実に再現しました。

< サイズ > ※測り方により多少異なる場合がございます。
品名 奥行 高さ
黒田長政公具足 10号 45cm 44cm 90cm
黒田長政公兜 1/3 30cm 25cm 55cm