織田信長公・一の谷南蛮胴具足
織田信長公・一の谷南蛮胴具足

織田信長公・一の谷(徳川家康公)南蛮胴具足

南蛮胴(なんばんどう)とは、ヨーロッパの胴鎧を日本風に改造した鎧のことをいいます。
鈴甲子雄山により、織田信長公と一の谷(徳川家康公)の甲冑を南蛮胴具足で制作しました。

詳しくは鈴甲子雄山 戦国武将シリース「織田信長」「一の谷(徳川家康)」 ページをご覧ください。
>>織田信長公具足を見る
>>一の谷(徳川家康)具足を見る