一の谷具足 十号

一の谷具足 十号

一の谷具足 十号

一の谷具足 十号

一の谷兜 三分之一

一の谷兜 三分之一 生産終了

いちのたにぐそく

品名:一の谷具足(徳川家康公)

号数:十号

仕様:一の谷兜南蛮胴具足(いちのたにかぶとなんばんどうぐそく)


いちのたにかぶと

品名:一の谷兜(徳川家康公)

号数:三分之一 生産終了

仕様:一の谷兜(いちのたにかぶと)


徳川家康は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。

戦勝を祈願して着用していたとされる一の谷兜は、すらりと伸びた大釘の後立が特徴的です。 釘は物を打ち貫くことから、武士が戦場で力を発揮できるようにとの縁起担ぎで好まれたようです。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、東京国立博物館所蔵、徳川家康所用の一の谷形大釘後立兜(いちのたになりおおくぎ)を出来る限り忠実に再現しました。

< サイズ > ※測り方により多少異なる場合がございます。
品名 奥行 高さ
一の谷具足 10号 45cm 44cm 98cm
一の谷兜 1/3 30cm 25cm 60cm