白糸肩赤威胴丸を模写
白糸肩赤威胴丸を模写

櫛引八幡宮所蔵
白糸肩赤威胴丸を模写

平安道斎(鈴木道男氏)により、白糸肩赤威胴丸(櫛引八幡宮所蔵)を二分の一のスケールで制作しました。
この胴丸は、隙間なく綴った「毛引威(けびきおどし)」と呼ばれる方法で威し、 兜鉢は、手作りで真鍮板を36枚たたきだし、鉢を完成させました。
職人技が光る世界に一つしかない価値ある逸品です。