源氏八領の鎧|日数

源氏八領の鎧|日数 五分之一

げんじはちりょうのよろい|ひかず

品名:源氏八領の鎧|日数

号数:五分之一

仕様:黒小札萌葱裾濃威之大鎧

若い大将の前途を祝す、早春の息吹を表す威色。保元の合戦の際、五郎掃部助頼仲着用とある。

源氏八領(げんじはちりょう)とは 『保元物語』『平治物語』などに記載された、清和源氏に代々伝えられたという8種の鎧。 「源太産衣」「八龍」「薄金」「膝丸」「月数鎧」「日数」「楯無」「沢瀉」
これらは平治の乱でほとんどが失われ、現在では幻の甲冑といわれている。

< サイズ > ※測り方により多少異なる場合がございます。
品名 奥行 高さ
日数 1/5 30cm 24cm 53cm