武将名: 上杉謙信 (うえすぎけんしん)

品名: 上杉謙信公具足(重文模写・本仕立飯綱権現前立腹巻鎧(じゅうもんもしゃ・ほんじたていいずなごんげんまえだてはらまきよろい)
号数: 四分之一 生産終了
品名: 上杉謙信公兜(飯綱権現前立兜(いいずなごんげんまえだてかぶと)
号数: 三分之一

上杉謙信は、戦国時代の越後国(現在の新潟県上越市)の武将・戦国大名。

鈴甲子雄山により、上杉神社所蔵、上杉謙信所用と伝えられる飯綱権現前立兜色々威腹巻鎧を出来る限り忠実に再現しました。

上杉謙信公腹巻甲冑は、前立てに上杉謙信が深い信仰を寄せていた飯綱権現が添えてあり、袖は広袖という裾広がりになる形式で、胴や袖は三色で威された色々威が特徴的です。 上品な雰囲気が漂うこの腹巻は、謙信の数領ある遺品の中でも逸品とされています。

鈴甲子雄山は、これらの特徴を捉え、できる限り本物と同じように製作しております。


 
サイズ ※測り方により多少異なる場合がございます。
上杉謙信公具足 1/4 約 幅45×奥行44×高さ80(cm)
上杉謙信公兜 1/3 約 幅30×奥行25×高さ51(cm)

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2019 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。