品名:国宝・白糸褄取威之兜模写

平安道斎(鈴木道男氏)が二年の歳月をかけて、櫛引八幡宮(青森県)所蔵の国宝・白絲褄取威兜を等身大の大きさで、出来る限り忠実に再現しました。
職人による匠の技を遺憾なく発揮した逸品です。

この兜は、応永18年に南部光経が奉納した2領の中の1領といい、光経の父信光が後村上天皇から拝領したものと伝えられる南北朝時代の兜です。


白糸褄取威兜復元制作風景
白糸褄取威兜復元01
白糸褄取威兜復元02
白糸褄取威兜復元03
白糸褄取威兜復元04
白糸褄取威兜復元05
白糸褄取威兜復元06
白糸褄取威兜復元07
白糸褄取威兜復元08
白糸褄取威兜復元09

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。