品名:国宝・浅葱糸威之兜模写

平安道斎(鈴木道男氏)と雄山若手甲冑師により、厳島神社(広島県)所蔵の国宝・浅葱糸威兜を等身大の大きさで、出来る限り忠実に再現しました。
職人による匠の技を遺憾なく発揮した逸品です。こちらの等身大サイズは非売品となっております。


浅葱糸威兜復元その1
浅葱糸威兜復元01
0.6ミリ真鍮版を切り出します。
浅葱糸威兜復元02
兜は32枚張り合わせですので32枚切り出します。
浅葱糸威兜復元03
兜張り合わせの重なりに印をつけます。
浅葱糸威兜復元その2
浅葱糸威兜復元04
鉢の部品を組合わせてみます。
浅葱糸威兜復元05
浅葱糸威兜復元06
33個の部品から出来ています。
浅葱糸威兜復元その3
浅葱糸威兜復元08
鉢の形が見えてきました。
浅葱糸威兜復元08
浅葱糸威兜復元その4
浅葱糸威兜復元09
鉢の元をまとめる帯(鉢巻)が出来ました。
浅葱糸威兜復元10
この帯にシコロ(上からの矢を防ぐスカートのような部分)が付きます。
浅葱糸威兜復元その5
浅葱糸威兜復元11
兜の眉庇(まびさし)ヒサシの部分ができました。縁に覆輪(ふくりん)保護の役目と美観を高める細い金属を取り付けます。
浅葱糸威兜復元12
ヒサシの上に鍬形(くわがた)を取り付ける為の鍬形台です。
浅葱糸威兜復元その6
浅葱糸威兜復元13
仮のシコロ(矢を防ぐ部分)を取り付けてバランスを見ます。
浅葱糸威兜復元14
大きさなどを修正してから本番のシコロを新たに作ります。
浅葱糸威兜復元15
1段目が約80枚5段で約500枚ぐらいの小札を作り糸(青い紐)を威し(通す事)ます。
浅葱糸威兜復元その7
浅葱糸威兜復元16
八幡座
《八幡神の宿る所の意から》兜の鉢の頂上の部分で中央に孔があり、その縁に台座・菊座・上玉(あげたま)の金物があります。丸く切った金属を叩いて作ります。
浅葱糸威兜復元その8
浅葱糸威兜復元17
シコロ部分の糸を威しています。全部で5段あります。
浅葱糸威兜復元18
浅葱糸威兜復元19
浅葱糸威兜復元その9
浅葱糸威兜復元20
伏せ縫い
絵革と革を突き合わせて紐状に縫ったものを伏せ縫いといいます。これは大変手が掛かります。
浅葱糸威兜復元21
浅葱糸威兜復元22
浅葱糸威兜復元その10
浅葱糸威兜復元23
浅葱糸威兜が完成しました。
浅葱糸威兜復元24
浅葱糸威兜復元25

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。