日本テレビ『奇跡の地球物語』で鈴甲子五月人形紹介
「鎧兜〜受け継がれてきた和の心〜」

2012年4月29日日曜よる6:30放送 日本テレビ 『奇跡の地球物語』に鈴甲子五月人形が紹介されました。
「5月5日は端午の節供。 武将たちの精神を今に伝える五月人形として飾られる鎧兜。 平安時代、5月5日に宮中で行われていた邪気払いの儀式が元となり、後に鯉のぼりや五月人形を飾って祝うようになったと言われている端午の節句。 大きな人形一体のパーツは2000を超えるという! 材質こそ違えど、各パーツの種類、数、製法などは、極力、本物の甲冑にならっている。部分ごとに分業で作業を進め、一体を完全に組み立てるのにおよそ1年かかるものもあるという。
」のナレーターのもと、株式会社鈴甲子の制作風景や五月人形工房『鈴甲子』三代目・鈴木道男氏の語り姿が映されました。是非ご覧ください。

copyright(c)2008-2016 suzukine Co.LTD. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
ページトップへ