• 平成20年伝統工芸士認定を受ける。
    四代目 甲冑師 雄山として活躍。
    また、人形師壹三として新しい作品づくりにも積極的に取り組んでいる人形作家。

  • 平成21年伝統工芸士認定を受ける。
    国宝模写の大鎧を得意とするこの道25年のベテラン職人。

  • 平成22年伝統工芸士認定を受ける。
    甲冑づくりには欠かせない威を全般的にプロデュース。威の責任者。

  • 初代平安道斎に師事し、箔押しの鎧兜づくりを得意とする。
    人形工房壱三の人形の原型づくりにも参加。

  • 戦国時代の具足作りを得意とする。
    人形工房壱三の人形作りにも活躍。

  • 平成22年伝統工芸士認定を受ける。
    一番の若手だが、実物の甲冑づくりもこなす兜全般で活躍。

  • 人形工房壱三の中心的存在。
    ジオラマづくりなどオールマイティーにどんなものでも作りだす職人。

copyright(c)2008-2016 suzukine Co.LTD. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
ページトップへ