織田信長公・一の谷(徳川家康公)南蛮胴具足

南蛮胴(なんばんどう)とは、ヨーロッパの胴鎧を日本風に改造した鎧のことをいいます。 鈴甲子雄山により、織田信長公と一の谷(徳川家康公)の甲冑を南蛮胴具足で制作しました。

詳しくは鈴甲子雄山 「戦国武将シリース・織田信長」 ページをご覧ください。

詳しくは鈴甲子雄山 「戦国武将シリース・一の谷(徳川家康)」 ページをご覧ください。

NEWS

鈴甲子に関する最新情報、見本市、イベント、メディア情報、甲冑に関する知識などを多数掲載!

詳しく見る >>

Copyright © 2008-2017 - All Rights Reserved - SUZUKINE Co.LTD
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。