二分の一胴丸(黒小札黒糸威)

人形専門店の依頼を受けて、平安道斎(鈴木道男)は楠木正成奉納といわれている黒小札黒糸威之胴丸(春日大社所蔵)を二分の一の大きさで模写制作しました。
この胴丸は隙間なく綴った「毛引威(けびきおどし)」と呼ばれる威し方で製作しています。
兜鉢は、手作りで真鍮板を36枚たたきだし、鉢を完成させました。
世界に一つしかない価値ある逸品です。

作品に関するお問い合わせは、電話又はメールにて受け付けております。 お問合わせはこちらへ >>

兜鉢製作風景

胴丸用手作りの鉢、真鍮板を36枚たたきだして完成しました。

毛引威(けびきおどし)

隙間なく綴った「毛引威(けびきおどし)」と呼ばれる威し方で製作しています。

黒小札黒糸威之胴丸 完成!

1/2サイズ黒小札黒糸威之胴丸

copyright(c)2008-2016 suzukine Co.LTD. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
ページトップへ