徳川美術館所蔵 加藤清正の「長烏帽子形張懸兜」を忠実に再現!

加藤清正の「長烏帽子形張懸兜」は70センチ以上に及ぶ長大な張懸を持つ。
張懸には黒漆が塗られ、銀箔が押されてある。
側面には朱で日輪が描かれ、先端にいくほど薄く、やや後方に傾斜する。
兜の前立は、日蓮宗の「南無妙法蓮華経」の題目を清正自身が書いた楕円形の薄板である。
鈴甲子ではこの加藤清正の「長烏帽子形張懸兜」をできるだけ忠実に再現しました。
こちらの等身サイズは非売品となっております。
お買い求めいただける1/3サイズも製作しておりますので、ぜひ1/3サイズの加藤清正をご覧ください。(販売品)

@ 鉄を加工して鉢とシコロを作り、仮組しました。

A 漆を塗って、烏帽子の下地を仕上げました。

B 烏帽子の下地に厚紙を使って和紙を貼り、 漆を塗りました。

C 凧糸で筋をつけています

D 漆を塗り重ねています

E 銀箔を貼って仕上げました

F 前立が仕上がりました(素材はひのき抜)

copyright(c)2008-2016 suzukine Co.LTD. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
ページトップへ