厳星兜 赤糸威十四枚張片白星兜

武蔵御嶽神社所蔵 国宝 赤糸威鎧に付く兜 平安時代を代表する厳星兜を再現!

表面に突起した鋲を星といい、これが見られるものを星兜という。
平安時代に大鎧の形式が確立すると、星の粗い大星の兜が用いられるようになる。これを俗に厳星(いがぼし)の兜という。
雄山工房若手甲冑師は甲冑師西岡文夫氏の復原した国宝 赤糸威鎧(青梅市郷土博物館所蔵)を参考に一年の歳月をかけて赤糸威十四枚張片白星兜(厳星兜)を製作。
一日約2〜3時間の作業で鉢の漆仕上げまで約6ヶ月、しころは漆仕上げまで約9ヶ月、 伏組まで約3週間、組み立てまで細かい作業も含めて約1年半かかった 鈴甲子雄山の自信作。 (非売品)

兜鉢(かぶとばち)

鉄板を叩出し、板金十四枚を作り星を打って形を作る。表面は漆を十回塗って仕上る。

金具(かなぐ)

八幡座、篠垂、吹き返し金具などの金物類は銅板をたたき出して作り鍍金仕上げ。

(しころ)

牛生皮を小札板の形に加工し、下縅で綴じて形を作り、漆を十五回塗って仕上る。
(小札板は約三ミリ厚の生皮を使用し、下縅は約一ミリ厚の生皮を細く切って使用。 枚数は一段目五十四枚、二段目五十九枚、
三段目六十五枚、四段目七十一枚、 五段目五十四枚の計三百三枚。)

革(かわ)

絵革は鹿革を真鍮板の型を使った踏み込み染。緑革は鹿革を使用。

伏組(ふせくみ)

紺、白、紫の絹糸で縫い合わせ実物のつくりを再現。

威糸(おどしいと)

正絹赤糸使用。

copyright(c)2008-2016 suzukine Co.LTD. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
ページトップへ